幻の曜変窯は営利目的の作品は制作していません!失敗作は破棄するか?或いは欲しい方に無料で差し上げていますので遠慮せずにご連絡下さい!!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 幻の曜変窯とは? ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

幻の曜変窯では曜変天目の発生メカニズムの解明と白失透釉の釉縮れの研究(自在に釉縮れの景色を作り出す技法など)を研究しています。更に私、清永円導(キヨナガエンドウ)は曜変を超える作品【超曜変】(器の表面にホログラムのような乱反射を発生させて虹より綺麗な作品)を目指しています。もし完成したら【妖変天目】と命名致します


↓↓幻の曜変窯の作品をクリックして見て下さい!陶芸ブログのランキングです↓↓
        にほんブログ村 美術ブログへ

にほんブログ村 美術ブログ 窯元・工房・プロ陶芸家へ        

下の花瓶の白失透釉の景色はいかがですか?

幻の曜変窯ギャラリーへ是非一度お越し下さい

幻の曜変窯は出来上がった作品のごく一部を除いて99%以上はを破壊・廃棄処分していますので欲しい方には無料で差し上げますので遠慮せずに問い合わせて下さい

幻の曜変窯のメールアドレス endou7endou7@yahoo.co.jp

幻の曜変窯への電話の問い合わせ TEL 096-351-6181



☆☆☆☆☆☆☆ 清永円導(キヨナガエンドウ)のプロフィール ☆☆☆☆☆☆☆

昭和24年熊本市生まれ・70歳・男性・陶芸家(幻の曜変窯主催)・仏画師・ボランティア活動家・執筆家・行列の出来るラーメン天外天の創業者・超カリスマFXトレーダーでもあります。陶芸教室・行列の出来るラーメンの作り方教室・FX教室なども無料で開催しています

下の左の金導天の画像は仏画師でもある清永円導(キヨナガエンドウ)が皆さんの金運アップを願って描いた仏画です。その画像を人気ブログランキングさんの陶芸ランキングのオリジナルバナーとして加工したものです。応援クリックを宜しくお願いします。金導天は宝くじの高額当選・FXの必勝・商売繁盛(ラーメン屋)など貴方の金運アップを支援しています。下の右の画像の本は清永円導(キヨナガエンドウ)の著書(ラーメン説法・天外天の秘密)です。(ラーメン説法・天外天の秘密)は国立国会図書館で永久保存されていますので画像をクリックすると国立国会図書館のサーチのページにジャンプします。尚、清永円導(キヨナガエンドウ)の著書(ラーメン説法・天外天の秘密)が欲しい方には無料で差し上げていますので遠慮せずにご連絡下さい。但し、在庫が無くなりましたら無料配布は中止となります
        

私が目指す乱反射か?

ホログラムのような変なものが出ました!下の写真です。油滴とか結晶でもなく私が目指す【妖変天目の】乱反射の一種と思われますので、今回も破壊せずにしばらく保管して次回の焼成の参考にします。


スポンサーサイト



変なものが出現!

昨日の焼成結果です。変なものが出現しました!焼き方は泥漿釉薬にホウ酸と石灰と長石を加えた釉薬です。下の写真が変なものです。左半分の光を当てた方はブルーと黄緑色を出していますが、右半分の方には白っぽいものが出現するだけです。左半分の光の当たる方は見る角度により模様と色が変化します。もしかすると曜変天目を超える超曜変の妖変天目かもしれません!この作品はしばらく破壊せずに保存しておきます

昨日の焼成結果は?

昨日の焼成結果は以下の通りです。相変わらずホログラム的な変化は出現しません!しかしながら下記の写真の作品は見る角度により反射面は変化してブルーの発色が変化しています。一歩前進なのか?一歩後退なのか?分かりませんが、しばらくは同じ作業を焼成温度を変えながら実施します。

制作依頼の作品

知り合いの華道家より依頼があり、仕方がないので制作いたしました。依頼者から雪山(モンブラン・アルプス山脈)のような景色の花瓶が欲しいと言う事でしたので、下のような白失透釉の作品になりました。この花瓶を使うと、どのような華道の作品になるのか楽しみです。

現存する曜変天目も素焼きをした形跡は見当たりません

昨日の焼成結果です。ブルーの発色は前回より良くなりましたが、やはり曜変天目から程遠いので写真を撮った後に、残念ですが、破壊しました!焼成温度は1300度付近の高温焼成です。釉薬は流動させる為に同じ天目柚の二枚かけです。下に施釉したものは石灰を多量に加えて流れ易くしました。勿論、素焼きをしない生がけ施釉です。現存する曜変天目も素焼きをした形跡は見当たりませんので素焼きをしない生がけ施釉にヒントが隠されていると信じています

廃棄するのは忍びない

廃棄するのは忍びないですが昨日の結果は下の写真の通りです。僅かな青い発色は見られますが、その他の発色がありませんでした。残念ですが廃棄しました。おそらく温度が低かった為に釉薬が流動しなかったのでしょう!次回は手作りの高温窯(茶碗が2個しか入らない窯)で1300度を超えて1350度付近で焼きます

このブログのランキング




にほんブログ村 美術ブログ 窯元・工房・プロ陶芸家へ
にほんブログ村


本当に4個目の曜変天目なのか???

下の画像は中国で発見された4個目の曜変天目と思われる陶片です???皆さんはどう思いますか??私の鑑定では溶けやすい呉須釉で下地を塗り、その上から黒い釉薬を二重に施釉して焼成した物としか思えません!

にほんブログ村 美術ブログ 窯元・工房・プロ陶芸家へ
にほんブログ村

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
3952位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
歴史
367位
サブジャンルランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR